2017年02月08日

江ノ電問題/2017

PA110718.jpg

寒さの中にも春が感じられるようになってきました。
2月。まだまだ油断しないようにしないと。

江ノ電問題が3年間の闘争をへて、全体像がやっと見えてきました。
ブログを開くと、、ややや、、去年の5月が最終。
結構怒ってますね,,江ノ電に、、。
いやはや。でも、江ノ電はもっと深く狡かったんですよね。実は。

法のすき間を利用した江ノ電の作戦があったんですね。
「10年来の密かに進めていた作戦」を一気に強行しただけ。
だったんですね。

江ノ電の「軌道状態解消ウルトラ作戦」は、10年ぐらい前から、、、。
「住民は切り捨てて、江の電だけがやりたい放題できる」!
法の裏をかく手を編み出したんですね。
法に触れないように、密かに手をうって進行していたんですね。
まるで、悪徳地上げ屋のように、、、。


関東陸運局や国土交通省にいろいろ情報公開請求して解りました!


各鉄道会社は年に一度、国土交通省に「実態整備報告書」を提出します。
「完璧な鉄道ー1種○○個。」
「2〜4種という完全に整備されていないふみきり○○個。」などとです。
国土交通省に報告をあげなくてはなりません。

「勝手ふみきりや4種踏切が危ない」と最近メディアでもいわれています。
たしかに危ないが、住民の生活があるので決定打がない。
鉄道会社の悩ましい問題です。

4種ふみきり 東京新聞.jpg

さて、ここで問題です。軌道状態が多く残る江ノ電は、
この報告書では、いくつ4種〜2種のふみきりがあると思いますか?

なんと驚きの事実!

4種ふみきり 江ノ電報告.jpg

そう。なんとゼロなんです。
すべて完璧な安全対策をしている「一種ふみきりだけ50個」のみ。
約10年前からゼロという報告をしているそうです。
「実態報告」に実態と遊離した「虚偽の報告」をしていたのです。
これはどういうことでしょうか?

「外形上4種ふみきりでも、ゼロと報告すればどうなるのでしょうか?」

答え。勝手ふみきりとなって、国土交通省の管轄からはずれて、
江ノ電の一存で横断個所を閉鎖できてしまうのです!
ほんとうに民−民だけで!
江ノ電の都合だけで横断個所を閉めたり、開けたりできてしまうのです!

だから「有名店の前はあける」「地主や有名人の前はあける」
「普通人の前は強行閉鎖」なんて不公平ができちゃう。

こんな不実なことは他鉄道会社はしていません。

国土交通省は「住民と話し合って生活を担保してから閉鎖は、常識」と言いますが、
「住民と話し合うよう」「指導」ぐらいしかできなく、罰則無し!

なんてってたって4種形状だけど、4種ゼロ。「勝手ふみきり」だから、、!
成り立ちも形状も無視! 強行閉鎖もやったもん勝ち。
住民なんて無視。あたりまえじゃない!!

ここ2年で、なんと「4種の形状の黒黄色の危険マーク」を
ペンキを塗ったりして消している江ノ電!確信犯だね。

4種ふみきり消去.jpg



江ノ電は軌道状態で戦争のドサクサに鉄道になって、
補助金をもらったり、特別に併用軌道という許可をとって運行しているのに、
「道がないから通らせてやってる」「そんなとこに住むリスク」という
上から目線での対応はこんな訳があったんですね。

社長からの住民に対しての手紙がえらそうで凄かったのも、
一種ふみきり以外勝手ふみきり♪「鉄道神」状態だったんですね。
(反対運動住民に公にきた書簡です。後日全文添付しますね。)

国土交通省の管轄を離れて、上から目線でやりたい放題の江ノ電。
観光は人気が大事なのに、そんな姑息なことしていいの?

とりあえず、国土交通省の「住民の生活も考えて話し合うよう」という指示で、
今年の1月25日の話し合いで、
協議書をつくって非常時や生活の不備を補う」と。やっとなりました、、、。
強行閉鎖しちゃってからの話し合いなんて、、ながい3年でした。

そして3年間あげていた抗議の看板もおろしました。
なんだかスッキリ。
春を感じるのも、そのせいかな。

でも、やはりこのやりかたは絶対変!
国土交通省にさらなる情報公開が必要かも。

まあ。情報公開請求の内容が江ノ電にツッツ抜けというのも問題だけど、、。
(関東陸運局さん!そんなのアリ?やはり、役人は業者よりなんですね。)

あっ。
次は、国土交通省と関東陸運局からの天下りを情報公開請求しなければ、、。
まだまだ江ノ電の闇は深いですね。





posted by フィールドノート at 13:19| 江ノ電問題

2014年10月29日

江の電問題「市議はイヤよ」

PC040062.JPG
いやぁ。まいりました!江ノ電さん
久しぶりのブログが江ノ電問題とは、、、。

横断路を強行閉鎖されてから、もう、7ヶ月が経った、、。
調べれば調べるだけ、やることがほんとうにメチャクチャ。
ちゃんとした企業としてのルールがないみたい、、。
ブログをアップする時間がないほど、いろいろやってくれます。

10月16日頃になって、
「閉鎖問題の話し合いをする」とやっと言ってきたと思ったら、、。

「市議がいるなら話し合いはしない」「もし市議がその場に居たら、帰る」
と、ドタキャンしてきた、、、。、、、、。
市議の出席はすでに伝えていたのに、、。
しかも土日を入れるとわずか2日前のドタキャンだ。

市も市議も住民も、江の電の都合に合わせて日時調整してきたのに、、。
理由は、、、「市議とは話をしないのが社のスタンス」だそう、、。
ク、、苦しい、理由。
驚いて、書面でそのことを出して欲しいと、住民が言ったら、
「書面ではその件は出せない」
なぁに?それ、、。

この7ヶ月の間に、解ったことがいっぱいある。

60年前、稲村ケ崎駅が移動する際に、
「横断路を踏切化すると江ノ電が約束した」
住民(故人)の文書などが最近、みつかった。
江の電もそのことがあるせいか、20年前、市の駐輪場を作る時に、
横断路に抜けられるように、スロープまでつけて江ノ電が工事している。

江ノ電はそんな記録はないと言っていたけど、
、、、その工事の書類も住民宅で見つかった、、。

ましてや側道には、上下水道まで入っている。

かなり特殊な事例の場所なのに、
なんの対策もとらないで強行閉鎖したんだね。

「安全のため」と言えば「何でも通ってしまう」と
高をくくっているようだ、、、。
市議会ですら眼中にない傲慢さ。
普通人だから、大丈夫。
観光客に知られなければ、、と言うことだろう。
広く知られなければ、大丈夫と思っているようだ。

それならばまずは、ちいさくても声をあげていこう。
いままでの書簡を順次アップしていこうと思う。
まずはここ最近の2回の住民の書簡をアップします。

また、最初から立ち会っていた長嶋市議の江ノ電問題のブログも是非見てください。

http://kamakurasi.air-nifty.com/blog/

**********************************

江ノ島電鉄株式会社               平成26年10月2日
取締役 社長  *****殿         小道と津波避難路を守る会
                        代表  *****



 10月秋の雨で富士山が見えない季節となりました。
 緊急にご配慮、ご確認頂きたい事が生じました。
              *
     7月末の時点で、御社の「電柱移設工事」の件で、
    御社と住民が問題解決に向かっている為「電柱工事」を
「話し合い後」にすることで、合意。工事は中止されていました。
              *
     先日(9月19日)の住民側の回答書の提案でも、
  「議会の後26日以降」の話し合いを、具体的にご提案させて頂きました。
              *
   このように皆で調整を計っている時期に、一方的に電柱工事を再開。
 「工事前日午後4時頃担当者がいらして」「市が入るなら話し合いはしないので」
 「明日から工事します」とのこと。
御社は一課長の立ち話で、「交渉決裂を告知」されるのですか?
              * 
 「会社が終わる5時までに1時間ぐらいしかなく、住民には
 対処する時間もない再度の強行工事を行う。」のは社会通念上も
 いかがなものでしょうか?
              *
  鎌倉市の道路課も問題視して、*課長さんが御社に問い合わせをしました。
  鎌倉市議会でも「継続審議中の案件」のため、問題にしています。

 『住民が止めてくださいとお願いしていて、御社も合意して中止した電柱移設
工事』をすみやかに中止して、「話し合いの日時を調整してください」

  とりいそぎ。よき関係のために。早急のご連絡お待ちしております。

*************************

その後話し合いの調整が江ノ電からあり、
市、市議、住民が江ノ電の都合のいい日に合わせて調整したのに、
にドタキャン。
「市議がいるなら話し合いをしないで帰る」
「理由は、、社のスタンス」
「その件は文書では出せない」という通達のみ。

???江ノ電さん、、、、それは駄々っ子??
社会で通用しちゃうの??

************************

 江ノ島電鉄株式会社               2014、10、27
  代表取締役社長 ****殿        津波避難路と小道を守る会
  「話し合いの件」              代表  *****
  
  前略。
  10月27日予定で、御社と調整していた話し合いの件で、再度の調整と
  質問があります。せっかく調整して御社と話し合いの日が決まったのに関わ
  らず、実質1日前に突然「市議が入るのだったら話し合いに応じない」
  「当日、市議が居たらその場で帰る」との通達に、住民は驚いています。
   市議が参加されることは、事前にお伝えしていたに関わらずです。
  理由が「会社の方針で市議とは話をしないというスタンス」では、誰も納
  得できません。
  再度申し上げることになりますが市議会に陳情して、「市議会で継続審議」
  となっていますので、担当委員会の市議も参加を希望されていました。
  「市も市議もこの横断路閉鎖の件には関係があります。」
  それなのに御社の一存で、拒否なさるとは信じられません。
  (都合の悪いことがなければ、誰に聞かれてもいいはずです。)

  市議にも出席のための日時調整をお願いして、調整して時間を空けたのに
  キチンとした理由もお伝えできず、おことわりすることになりました。
  近隣の住民も仕事を変更して、27日に向けて調整しました。
  「土壇場での一方的な拒否通知の通達は困ります。」
  
  そのようなことは「江ノ電さんの信用」にも関わることだと思います。              
  

  『皆が納得いくご回答を御社から10月29日までに頂き
  再度市議を加えた日時の調整をお願いしたいです』     
  市議会の担当市議は数名おられますので、皆様お返事をお待
  ちしております。
  
                                敬具。

posted by フィールドノート at 11:31| 江ノ電問題

2014年05月16日

江ノ電、驚きの初めての話合い!

IMG_1489.jpg

驚いた!
「横柄な部長さん」の上には、「タカビーな専務さん」がいるんだ!

2月21日からの「江ノ電、津波避難路閉鎖」の張り紙から、約3ヶ月、、。
小田急本社や鎌倉市からの「話し合いの場」要請によって、
5月19日。やっと、江ノ電と初めて話し合いの場がもてました、、、。

江ノ電側は、「統括専務」「鉄道施行部長」「鉄道課長」「総務」4名。
住民側は、私を入れて、5名。

のっけからの専務さんの詰問!
「で、竹内さんときゆなさんのご関係は?」(専務)
「えっ?どうしてそんなこと言わなくてはいけないの?」
「どういう方か知らなくては、!」(専務)

突然の、ジョブが入りました!想定外!

「イヤマァ、、」
「ご主人様ですか?」(専務)
「え〜と、モタモタ、、」「籍は入ってないんですが、、」
「ここに住んでらっしゃる?」(専務)

お〜い、これって、身元確認の尋問??

「で、この方は?」(専務)
「鎌倉市の長嶋市議です」
「えっ?なんで??」(専務)
「稲村ケ崎、極楽寺は、生まれも育ちも地元なもので」(長嶋市議)

ジョブがえし!
長嶋市議も、この横断路を使って、チラシを配っていましたしね、、。


江ノ電さんのタカビーな雰囲気で、話し合いの幕が切って落とされました。
感じ悪いなぁ。江ノ電!

「線路上の安全確保のの必要性をご理解いただきたい!」(専務)

安全確保の必要性は理解している。問題は、そのやり方。」(以下住民)
「事前に説明もなく張り紙1枚で工事しようとしたことや、
一方的な工事の説明だけで強行工事をすることの不当」
「通行できなくして、後から、地主に交渉しろという不当」
「嘘の情報で、工事の正当化をすることの不当」
「住民の暮らしを無視した、工事を着工する不当」
、、、、、、、、、などなど、、、。


「いえ、安全な為には、なに人たりも線路に人を立ち入らせたくない。(専務)
まあ、これを見てください」
と、やおらパソコンを取り出して、、。
「この前、長谷で女学生がヘッドホーンしていて、電車に接触した時の、
駅の監視カメラが捉えた映像です。見てください。」(得意げな専務)

「いや、線路内の安全が必要なのは解っていますから、
見たくありません!」(住民)

「いや!絶対見てください!」(専務)

「いや、もう接触事故は、見ています。」(以下住民)
「救急車がくるまで、手を握っていました。」
「救急車にも同乗しました」
「もう、事故の映像は思い出すし、見たくありません!」

ともかく、見てください!」(タカビーさマックス専務)

「その映像は人に見せることの許可をとってありますか?」(長嶋市議)
「家族が、事故対策に利用してくれと言ったのですか?」

「いいえ、、でも、よく見えていないし,,モゴモゴ」(専務)

「映像は、映像権があるので、ちゃんと許可を取らないといけないのですよ」
(長嶋市議)
「えっ?」(専務)

「そんなことも調べないで、ずさんなやり方ですね」(長嶋市議)

映像は法的にまずそうなのでやめて、やおら詰問がこちらに、、!
「あなたは家を買うとき、江ノ電に通行のお願いをしましたか?」(専務)
「えっ?みんなふつうに通行していたし、、家も市から建築許可とれてましたし、、」(私)

「どうして、江ノ電に通行の許可をとらないのですか!」(タカビー復活!専務)

「鉄道法が20年前に変わって、43条で家が建てられます」(長嶋市議)
「えっ?」(専務)
「建築審査があって、いろいろな審査を得て、許可がでています」(長嶋市議)
「じゃあ、江ノ電も許可出している?」(専務)
「じゃあ調べましょう。建築許可の開示をもとめますが、協力してください」
(江ノ電)

なんとずさんな江ノ電!調べてからいろいろ言えばいいのに、、。

ほうら!
こんなに怖いんだから、、こうしようね。という、
「映像で恐怖をあおって」健康食品などの商品を売る
「悪徳商法作戦」が、喝破されたら、「個人攻撃」ねぇ、、、。
つくずく、、住民をバカにしてるなぁ、、、。

しかも、キチンとした資料もなく,,知識もなく、、、。

「私はよく、住民と企業などのトラブルにかりだされますが、
いつも、問題はたった一つです。」(以下長嶋市議)
「住民に、キチンと説明と協力をお願いしないで、
企業が上から目線で、強行するので、トラブルになります。」
「キチンと丁寧にお願いすれば、鎌倉市民はリベラルなので、
ご理解と、協力が頂けます」
「今後もこれをいい教訓にして、住民に丁寧に対応して頂けたら、
今後の閉鎖工事もうまくいきますよ」

「、、、、」(不本意な専務)

また、次回の話し合いを確約して、
社長さんへの内容証明の質疑と、資料等を渡して一回目は幕を閉じました、、。

相手が相手だけに、、、
次回は、、どんな作戦でくるんでしょうかねぇ、、。


posted by フィールドノート at 18:51| 江ノ電問題

教室のご案内

P2050006.jpg
五感の教室「夢民舍」

2012年度は終了しました。次回は来年1月募集です。
        *
2012年の内容
        *

五感の訓練
4/14・15 オープニング。美学について
4/28・29 「聴覚」
5/12・20 「触覚」
5/26・27 「臭覚」
6/9・10 「味覚」
6/23・24 「五感と色彩」
7/14・15 「空気感と雰囲気」
イメージを形にする
8/11・12 「テキスタイル、抽象について」
8/25・26 「具象と抽象」
9/8・9 「縞模様」リズム感*印象
9/29・30 「繰り返し柄」展開*物語
10/13・14 「アーガイル柄」色の響き合い*記憶
10/27・28 「チェック柄」混色の美*風景

サムシングエルサ
11/10・11 「感覚をデッサンする」
11/24・25 「クロッキー」
12/8・9 「クロッキー」
12/23・24 「生活と美」アールヴィヴァン
コンセプトについて
1/12・13 「素材感の実験」
1/26・27 「コンセプトとテーマ」
2/9・10 「コンセプトワークの練習」
2/23・24 「企画の立て方」
3/9・10 「マップの作り方」
3/23・24 「オリジナル」


【 定期の教室 】

編み物クラス
(1)
日時:月2回/-第2・4土曜-13:00〜16:00
講師:細野雅子(トリコ・ダァール主宰)
会費:1回5,000円 ※3ヶ月分を前納
少人数、個人指導で初心者からプロの方まで、
自分の好きな素材、好きなデザインで自由に編んでいます。
「楽しみながらマイペースで、レベルアップ。」
カジュアルなクラスです。
(2)
日時:月2回/-第1木曜-10:00〜12:30
-第2木曜-13:00〜15:30
講師:関根博子(アトリエMINE主宰)
会費:1回4,000円 ※1ヶ月分を前納
「編みたい物を好きな素材で。」
残っている糸でも素敵な作品になります。
平日なので、主婦の方がおおいです。

ソーイングクラス
日時:月1回/-水曜-10:00〜15:00
講師:越水ゆきえ(アトリエ素粒子)
会費:1回(一日)10,000円
「素材もデザインも自由自在。」
着たいデザインの服を雑誌や本からセレクト。
生徒さんにあわせてパターンを起こしてます。
作りたい物を一つずつ作りながら、のんびり、リラックス。
ミシンとなかよくなりましょう。。

不定期のクラス
その他、様々なワークショップを開催します。

お問い合わせは、school☆hareru-jp.comまで。
(☆を@に直して送信してください)