2012年03月21日

はみ出しちゃダメよ?

IMG_0738.JPG

なんだかモゾモゾ。居心地が悪い。
卒業式の祝辞はつまらないものと、相場は決まってる。
だけど、それにしてもなんだか変?

ああそうか、むやみに、「建前の羅列」なんだ、、。
政治家や原子力保安員の言葉のよう。
そつなく、意味不明。
生身の。命の。言葉が聞こえない、、、。

子供達も答辞も、一人一人、、みんなが、
「先生に」「両親に」「地域の方がたに」「感謝しています」
「中学になっても頑張る」「思い出をありがとうございました、、」
美麗美句がキラ星のように並ぶ。
キチンと訓練された、立ち居振る舞い、、。
「建前を、キチンと演じる子供達」に、「成長」という感慨を抱くのだろうか。
親御さんも、子供達も、泣いている、、。

この感動のシーンに、居心地が悪いのは私だけ?


初めて出た謝恩会も、先生は30分ぐらいしかいなくて、
あとは、子供達とお母さん達の大宴会、、。
子供達の余興は、ふだんの顔に戻って、子供らしくて楽しかったけど、
最後に子供達に送る、しめの言葉にも、やはりモゾモゾ、、、。

「地域に根ざして、みんなに愛される人になって欲しい」

卒業式の違和感と同じ。
それって、端的に言うと「はみ出しちゃダメよ。」という事じゃないか、、。
その子がほんとうに、集団がすきで、地域活動が好きで、
八方美人だったらいいんだけど、
ほんとうは、人間は10人10色。
みんなの顔色を見ながらや、建前が、苦しい人もいる。
いろんな価値観の人がいるのに、
みんなに愛されるなんて不可能じゃない?

「その人らしくやると、村八分になる恐怖」
「ほんとのことを言うと変な人になる恐怖」

卒業式。謝恩会で。会社で。地域社会で、、。
趣味の教室やグループですら、、、。
無意識に八方美人を演じさせられてしまう。

「仲間はずれの恐怖」
「ノーと言えない日本人、、。」

小学校のときから、洗脳されてたんだね。

でもそれは、「個」を殺していく作業で、なんの創造性もない。
「個」がその「個」という命を大切にできて、
はじめて、相手の「個」も大切にできる。
「こうでなくちゃダメ」というセオリーなんてないのに。
でも、その姿勢を貫くには、仲間はずれを恐れない強さがいる。
とくにこの日本では、、、。

居心地の悪さと建前で、えらく疲れた1日でした、、。
いや〜。私も充分、変な人。はみ出してるよね。
まいったな。

後日談で、整体のN先生、曰く。
「だれからも愛される人」になるより、「だれをも愛する人」になれたらいいね。
ああそれは、素敵だね。きつと、世界がしあわせになりそう。

posted by フィールドノート at 10:21| 育児

2012年01月26日

呪文

P1000118.JPG

おっ!すごいぞ!
腹筋、1回も出来なかった遊が、チャレンジして1ヶ月目。
20回できた。
調子に乗って、「30回できたら200円」と賭けをした。
よしゃあ!と、25回からが、フルフル状態。それでも、30回クリア。
「うううう、お腹の筋肉が痙攣してるよ〜」
なんと、計50回、頑張った!

今朝は5分、いつもより早く起きた!
目覚ましをかけて、頑張っている。
よしゃぁ!明日はあと5分早く起きようね。

少しずつ、遊はチャレンジを始めた。中学生の遊になるために、、、。

ちょっとうれしい。
そうそう、うれしいことの連チャン。
生徒さんがポツリ。

「音楽って、昔は奏でたり、歌ったり、楽譜のなかにあると思ってた」
「でも最近、料理を作ったり、散歩したり、庭の光のなかに満ちていて、
 もしかしたら、生きてる事が音楽じゃいかと感じた

5感の造形の教室に来て、3年目。最近、気がついたそう。

まだ20代の彼女は、ずっと、ピアノをやっていて、
なんのために音楽をしてるのか、見えなくなって、うちにきた。

今、彼女の心にはどんな音が奏でられてるのだろう。

私も日々、生き抜くだけで、もんもん。
でも、生きてること自体が、絵を描くことだと確信して、
美的に生きること自体が芸術。「アールヴィヴァン」と、呪文してる。

そう、で、冷蔵庫に貼っていた、育児の呪文でした。
世界中の子供達が、いきいきと、自分の生を奏でられますように!

          *

 けなされて育つと、子供は人をけなすようになる。
  
  トゲトゲした家庭で育つと、子供は乱暴になる。
  
  不安な気持ちで育てると、子供も不安になる。
  
 「かわいそうな子だ」と言って育てると、子供はみじめな気持ちになる。
  
  子供を馬鹿にすると、引っ込み思案な子になる。
  
  親が他人を羨んでばかりいると、子供も人を羨むようになる。
 
  叱りつけてばかりいると、子供は「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう。
 
  励ましてあげれば、子供は自信を持つようになる。
 
  広い心で接すれば、キレる子にはならない。

  褒めてあげれば、子供は、明るい子に育つ。

  認めてあげれば、子供は自分が好きになる。

  見つめてあげれば、子供は頑張り屋になる。

  分かち合う事を教えれば、子供は、思いやりを学ぶ。

  親が正直であれば、子供は正義感のある子に育つ。

  やさしく、思いやりを持てば、子供は、やさしい子に育つ。

  守ってあげれば、子供は、強い子に育つ。

  和気あいあいとした家庭に育てば、
 
  子供は、この世はいいところだと思えるようになる。

  ドロシー、ロー、ノルト/レイチャル、ハリス




         


posted by フィールドノート at 09:17| 育児

2012年01月25日

不思議な時間

P1200001.JPG


とっても不思議。
朝8時〜9時の1時間。
どうして時間がゆっくり流れるのだろうか?

朝6時から慌ただしい。
朝ご飯をととのえて、7時48分の江の電に駆け込む子供を、送り出す。
8つ。鳩時計が鳴く。
するとどうだろう、魔法のように、時がゆっくり流れ出す。
ゆっくりコーヒーを飲んだり、
ポストチェックしたり、生協の頼むものをチェック、。
ゆるゆると、たゆたうように流れる時間、、、。
呼吸も、ゆっくりになる、、。

このリズムも、遊が中学に入ると変わるのだろうか、、、。
なんと今年、遊は中学生!
進学も、6年になるのと、中学生になるのとでは、
「感慨が違うもの」なんだ。と、知る。
時を投網で掬うような、不思議な感覚、、。
一年生になって一人で学校に行って、感動したのが、つい最近のよう。
6年間、、、。長いような、早いような時の流れ、、、。

そういえば冷蔵庫に貼っていた、呪文の紙も、すっかり黄ばんですすけてる。
育児に迷ったり、人間関係に迷ったときに唱えた呪文。
ブログに書き写して、もう、剥がしてもいいかもね。

鳩時計が11鳴いた。
もう11時!9時からは飛ぶように早く過ぎる時間。
今日は久しぶりの冬の晴天。
洗濯物を、青空に泳がして、、、。
レストランのガラス磨きをして、空気をととのえて、お客様をお迎えして、、。
さあ、楽しくも、忙しく、緊張する仕事が待っている。
明日、育児の呪文を書きますね。

posted by フィールドノート at 11:09| 育児

教室のご案内

P2050006.jpg
五感の教室「夢民舍」

2012年度は終了しました。次回は来年1月募集です。
        *
2012年の内容
        *

五感の訓練
4/14・15 オープニング。美学について
4/28・29 「聴覚」
5/12・20 「触覚」
5/26・27 「臭覚」
6/9・10 「味覚」
6/23・24 「五感と色彩」
7/14・15 「空気感と雰囲気」
イメージを形にする
8/11・12 「テキスタイル、抽象について」
8/25・26 「具象と抽象」
9/8・9 「縞模様」リズム感*印象
9/29・30 「繰り返し柄」展開*物語
10/13・14 「アーガイル柄」色の響き合い*記憶
10/27・28 「チェック柄」混色の美*風景

サムシングエルサ
11/10・11 「感覚をデッサンする」
11/24・25 「クロッキー」
12/8・9 「クロッキー」
12/23・24 「生活と美」アールヴィヴァン
コンセプトについて
1/12・13 「素材感の実験」
1/26・27 「コンセプトとテーマ」
2/9・10 「コンセプトワークの練習」
2/23・24 「企画の立て方」
3/9・10 「マップの作り方」
3/23・24 「オリジナル」


【 定期の教室 】

編み物クラス
(1)
日時:月2回/-第2・4土曜-13:00〜16:00
講師:細野雅子(トリコ・ダァール主宰)
会費:1回5,000円 ※3ヶ月分を前納
少人数、個人指導で初心者からプロの方まで、
自分の好きな素材、好きなデザインで自由に編んでいます。
「楽しみながらマイペースで、レベルアップ。」
カジュアルなクラスです。
(2)
日時:月2回/-第1木曜-10:00〜12:30
-第2木曜-13:00〜15:30
講師:関根博子(アトリエMINE主宰)
会費:1回4,000円 ※1ヶ月分を前納
「編みたい物を好きな素材で。」
残っている糸でも素敵な作品になります。
平日なので、主婦の方がおおいです。

ソーイングクラス
日時:月1回/-水曜-10:00〜15:00
講師:越水ゆきえ(アトリエ素粒子)
会費:1回(一日)10,000円
「素材もデザインも自由自在。」
着たいデザインの服を雑誌や本からセレクト。
生徒さんにあわせてパターンを起こしてます。
作りたい物を一つずつ作りながら、のんびり、リラックス。
ミシンとなかよくなりましょう。。

不定期のクラス
その他、様々なワークショップを開催します。

お問い合わせは、school☆hareru-jp.comまで。
(☆を@に直して送信してください)