2014年04月11日

わくわく1日講習会

P4050049.JPG


ちょっと、ひさびさに、ワクワクします。
1日だけの、特別講座のご案内です。

オリジナルデザインを作るレッスンをします。

ちょっと、いきずまったり、頭が固くなった感覚を、
リフレッシュしませんか?

仔細は。「ハオ」のホームページを開いてみてくださいね。

http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2014-04-09

posted by フィールドノート at 17:00| 夢民舎

2013年06月29日

夢民舍セミナー21

P5040064.JPG


セミナーのアップ、、もう3回分していません!
あせって、、21回目の「企画の立て方」をアップします。

20回目「コンセプト」は樹の幹
「企画」は枝の葉や花のようなものでしょうか、、。
ちょっと、、イメージしてみて下さいね。

「企画」は「企てる計画」。
「なにかを作り出す時」の「指針」になります。
計画は、どうしたらいいか、いろいろ迷ってしまうものです。
キチンと計画を立てないと堂々巡りしちゃいます。
失敗も成功も、どこが問題だったかも、「企画」をキチンと立てれば、
気分に左右されないで、冷静に判断できます。

そこで、聞いた事があると思いますが、
「5W1H」などと云われる公式を使って計画を立てます。
とはいっても、難しい事ではありません。


*なんのために。
*いつ
*だれが
*どこで
*何を
*誰に
*どうする

「企画」はこれをリストにしてキチンと考える事なんです。
それをキチンと文章にしたものが「企画書」です。

なんのために(コンセプト)、、「日々の糧」「ライフワーク」「ビジネス」「趣味」?
何を、、、、、、「○○を」
誰が、、、、、、「私が」「誰かと」(どんな人と)?
どうする、、、、「売る」「教える」「デザインする」「ボランティアする」?
いつ、、、、、、「いますぐ」「一年後」「3年後」「季節」?
だれに、、、、、「女性」「若い人」「年配の人」「ユニセックス」(どんな人)?
どこで、、、、、「自宅」「仮店舗」「ネット」「ギャラリー」「本」?

そうですね、、、例えれば、、。
今回のNHK「すてきにハンドメイド」の8月号の依頼だと、、。

 なんのために「ライフワーク」(すてきな編物のあるくらしの提案のために)

 誰が、、、、「きゆなが」デザイン。制作協力「Sさんと」。
      (なぜ、きゆななのか?なぜ、Sさんなのか?が大事。)
       *きゆなではないと出来ないデザインとは?
        シンプルだけど,,お洒落。
       *Sさんの同じものをたくさん作るのが好きという特性。
        めげずに、チャレンジしてくれるワクワク心。
 
 なにを、、、「フットカバーを」
      (すてきなフットカバーがないから)
       *編集部の依頼で。しかも、ぬげないのが条件。
      
 いつ、、、、「7月21日発売の8月号」(夏)
       *締め切りは?1ヶ月。

 だれに、、、「20代〜50代ぐらいの女性に」
       (初級の人でも作れるように)

 どこで、、、「すてきにハンドメイドで」(雑誌で)

と、考えて、思考を定めていきます。
そうして、デザインを起こして,,Sさんと、試作を繰り返して、、
1ヶ月以上かかって完成させます。

(是非、命を削って(オーバーですが)作った作品を見て下さいね!!)

では、セミナーの実験。
夢の(妄想の)ショップを考えてみましょう。
どんなお店がシュミレーションできましたか?
妄想なので、ワクワク考えて下さいね。
posted by フィールドノート at 15:36| 夢民舎

2013年04月14日

夢民舎セミナー20

P3200056.JPG

春の慌ただしさで、長らく、ブログアップできませんでした。
ニットの締め切りが、文化出版さんと、
NHK素敵にハンドメイド8月号が、重なって、、。
春の嵐のような日々でした。

朝カフェの日曜日。
お客さんを待つ間に、溜め込んだセミナー内容をアップできそうです。

夢民舎セミナー20回目は「コンセプトワークと実験」です。

「コンセプト」というのは、「本質」のようなもので、
「コンセプトはなんだろう?」ということを、いつも考えていると、
地域性による文化の違いにも気がつきます。
会社や企業のタイプも見えてきます。
なにが大切か、なにが問題かが見えてきます。

現代では、会社や企業は「利潤追求が最終目標」なので、
じつはコンセプトが必要なのは、個人や中小企業なのかもしれませんね。

個人で例えれば、、。
学生時代から9年ほど、世田谷で離れを借りていたときの大家さん。

知的な女性で、40すぎて、鍼灸の資格を取って、
自宅の一室に「東洋医学研究所」を開設。
60すぎてから、運転免許をとる。
「女は戦争を許さない」運動に参加。広島の集会に出かける。
パワフルで、知的、文化的な女性だ。

大家と言えば親も同然」と言って、
私の「初ニット展」をリビングで開いてくれた。

でも家は本で溢れ、テーブルは物をどかして、座ってた。
「お洒落なインテリア」なんて、はなっから気にもしていない。
世の中の主流の価値観なんてのも気にしない。

娘さんは2人。
長女は私と同じ年で、ピアニスト。
赤ちゃんが生まれて、洗濯物や、洗い物山積みのなかで、ピアノを弾いていた。

大家さんは、「私たちはプロレタリアだから」と、
誇りを持って「ブルジョア」らしさを歯牙にもかけなかった。

自分のコンセプトをしっかり持っている人といえば、
大家さんがすぐ目に浮かぶ。

母の友人は、夫婦で世界旅行に出かけるのが生き甲斐。
汚いアパートに住んで、トランク一つ。夫婦で稼いでは、旅行に出かける。
「お洒落な服」も「素敵な家」も「人並み」も他人の価値観だ。

ほんとうにみんな価値観が違う。

稲村ヶ崎駅前の、稲村ケ崎R不動産は「ワクワクする物件」しか扱わない。
40代の社長さんも社員も「私服」で、誰も背広を着ていない。

家の前の住民の反対運動をねじ伏せて、大手不動産が開発した7件が、
1年以上も一件も売れていないのを曰く、その社長さん、
「不動産屋もお客さんも、住民も、誰をも幸せにしない開発」と、言う。

ホームページを見ると、面白い物件が並ぶ。
見ているだけでワクワクする。


では、もしあなたがお店を開くとしたら、、、?

何にときめいて、誰のために、何のために開く?
コンセプトはなんだろうか?空想するゲームをしてみよう。

あなたとお客様は何にワクワクするだろうか?





posted by フィールドノート at 10:24| 夢民舎

教室のご案内

P2050006.jpg
五感の教室「夢民舍」

2012年度は終了しました。次回は来年1月募集です。
        *
2012年の内容
        *

五感の訓練
4/14・15 オープニング。美学について
4/28・29 「聴覚」
5/12・20 「触覚」
5/26・27 「臭覚」
6/9・10 「味覚」
6/23・24 「五感と色彩」
7/14・15 「空気感と雰囲気」
イメージを形にする
8/11・12 「テキスタイル、抽象について」
8/25・26 「具象と抽象」
9/8・9 「縞模様」リズム感*印象
9/29・30 「繰り返し柄」展開*物語
10/13・14 「アーガイル柄」色の響き合い*記憶
10/27・28 「チェック柄」混色の美*風景

サムシングエルサ
11/10・11 「感覚をデッサンする」
11/24・25 「クロッキー」
12/8・9 「クロッキー」
12/23・24 「生活と美」アールヴィヴァン
コンセプトについて
1/12・13 「素材感の実験」
1/26・27 「コンセプトとテーマ」
2/9・10 「コンセプトワークの練習」
2/23・24 「企画の立て方」
3/9・10 「マップの作り方」
3/23・24 「オリジナル」


【 定期の教室 】

編み物クラス
(1)
日時:月2回/-第2・4土曜-13:00〜16:00
講師:細野雅子(トリコ・ダァール主宰)
会費:1回5,000円 ※3ヶ月分を前納
少人数、個人指導で初心者からプロの方まで、
自分の好きな素材、好きなデザインで自由に編んでいます。
「楽しみながらマイペースで、レベルアップ。」
カジュアルなクラスです。
(2)
日時:月2回/-第1木曜-10:00〜12:30
-第2木曜-13:00〜15:30
講師:関根博子(アトリエMINE主宰)
会費:1回4,000円 ※1ヶ月分を前納
「編みたい物を好きな素材で。」
残っている糸でも素敵な作品になります。
平日なので、主婦の方がおおいです。

ソーイングクラス
日時:月1回/-水曜-10:00〜15:00
講師:越水ゆきえ(アトリエ素粒子)
会費:1回(一日)10,000円
「素材もデザインも自由自在。」
着たいデザインの服を雑誌や本からセレクト。
生徒さんにあわせてパターンを起こしてます。
作りたい物を一つずつ作りながら、のんびり、リラックス。
ミシンとなかよくなりましょう。。

不定期のクラス
その他、様々なワークショップを開催します。

お問い合わせは、school☆hareru-jp.comまで。
(☆を@に直して送信してください)