2016年05月08日

「稲村800年の歴史」

もう、12年になる。
2004年に越してきて、今年は2016年。
子供が4才の幼稚園児から、、高校2年生。
思えば、ここに長く暮らしてる。

S社編集者だった父は引っ越し魔だった。
何回引っ越ししたことか、、。試しに数えてみる。

世田谷下北沢に生まれてから、、
6才で父に連れられ、、赤坂。小岩。新小岩。中野。
小学校4年まで「クレーマー、クレーマー」の父子家庭だった。
下北沢。父が再婚して小金井。国立。立川、、。(ここまででまだ12才)
小学校は4回変わった。
中学の寮が登戸。六角橋。洗足。沖縄。西小山。
下北沢。代田、、(やっとここで20才)
豪徳寺。代田。梅が丘。代田。板橋、、。
ヒイフウミイ、、稲村ケ崎で22回目になる。
思えば、、稲村ケ崎はいちばん長く住んだことになる。

ところがどっこい。ちっとも長くないそうだ。ここ稲村では、、。

お隣さんはこの地で生まれた。代々90年近く住んでいる。
でも、ちっとも長くないそうだ、、?

なんと800年以上住んでいる家系がたくさんいるそうだ。
そう、800年前といえば鎌倉時代も終焉の頃。

時は1259年、北条重時(二代執権/北条義時の三男)が、
深沢にあった念仏堂を現在の極楽寺の地に移し、極楽寺を、
その子の長時と業時が、1267年、「忍性さん」を迎えて開山したそうな。

有名な新田義貞の鎌倉攻めで、焼失。
以降、再建を繰り返したがその度に焼失したそうな。

さてここからが凄い。

「忍性さん」が亡くなってから、寺侍達で、極楽寺の領地であった、
極楽寺〜稲村ケ崎の谷地を分けたそうだ。
歩くと20分ぐらいかかる長くて深い谷を、一家族づつが持った。
たくさんある谷地と言っても広い土地だ。
その家族が分家していて、だから800年来の家がたくさんあるそうな、、。

そして、他所者には土地を売らないように、借地にして貸すように、
寺侍の家族どうしで「土地を守る組合」を作った。
故に今だ、大地主が大勢いる。
そして故に借地もたくさんある。
大きな借地では、大勢の借地人がいて借地人の組合まである。

そう、そしてうちも、もれなく借地。ご近所さんも借地。でも組合無し。

江ノ電社長さんから「あなたがたは借地人だから、、」と軽視されるわけだ。
うちなんか、ほんと。「最近来た」と言われるわけだ。
800年来の地主とツルんで借地人を脅す輩もいるわけだ。

知らなかったが、私なぞは自由業。自由人。
それだけで、稲村では「変な人」と噂されてたらしい。
お隣さんは「あの人と反対運動しない方がいい」と忠告されたそうだ。
モチロン地主は「反対運動なんて下品」という感じ。
「変な人」目線で対応される。
まるで転校するたびにあったイジメじゃない。これは。
そうだったんだ!
それはなんと名誉なこと!

地主の家の前の線路横断個所は開けて、借地人の前は強制的に閉める。
有名店や有名人、小田急の役員の家の前の横断個所はモチロン開ける。
反対住民は、ご用聞きに(自主的に)恫喝させる。

こんな江ノ電の「不公平な反人権的なやり口」に、
とことん、立ち向かおうじゃないか。
下町っ子仕込みの血が騒ぐ。
6才までじいちゃんに銭湯に連れられて、
くそ熱い湯を「チー」と我慢したのは伊達じゃない!

それにしても、この人権の無さは未だここは「封建時代」なのかなぁ、、。
posted by フィールドノート at 18:30| 江ノ電10キロの真実

教室のご案内

P2050006.jpg
五感の教室「夢民舍」

2012年度は終了しました。次回は来年1月募集です。
        *
2012年の内容
        *

五感の訓練
4/14・15 オープニング。美学について
4/28・29 「聴覚」
5/12・20 「触覚」
5/26・27 「臭覚」
6/9・10 「味覚」
6/23・24 「五感と色彩」
7/14・15 「空気感と雰囲気」
イメージを形にする
8/11・12 「テキスタイル、抽象について」
8/25・26 「具象と抽象」
9/8・9 「縞模様」リズム感*印象
9/29・30 「繰り返し柄」展開*物語
10/13・14 「アーガイル柄」色の響き合い*記憶
10/27・28 「チェック柄」混色の美*風景

サムシングエルサ
11/10・11 「感覚をデッサンする」
11/24・25 「クロッキー」
12/8・9 「クロッキー」
12/23・24 「生活と美」アールヴィヴァン
コンセプトについて
1/12・13 「素材感の実験」
1/26・27 「コンセプトとテーマ」
2/9・10 「コンセプトワークの練習」
2/23・24 「企画の立て方」
3/9・10 「マップの作り方」
3/23・24 「オリジナル」


【 定期の教室 】

編み物クラス
(1)
日時:月2回/-第2・4土曜-13:00〜16:00
講師:細野雅子(トリコ・ダァール主宰)
会費:1回5,000円 ※3ヶ月分を前納
少人数、個人指導で初心者からプロの方まで、
自分の好きな素材、好きなデザインで自由に編んでいます。
「楽しみながらマイペースで、レベルアップ。」
カジュアルなクラスです。
(2)
日時:月2回/-第1木曜-10:00〜12:30
-第2木曜-13:00〜15:30
講師:関根博子(アトリエMINE主宰)
会費:1回4,000円 ※1ヶ月分を前納
「編みたい物を好きな素材で。」
残っている糸でも素敵な作品になります。
平日なので、主婦の方がおおいです。

ソーイングクラス
日時:月1回/-水曜-10:00〜15:00
講師:越水ゆきえ(アトリエ素粒子)
会費:1回(一日)10,000円
「素材もデザインも自由自在。」
着たいデザインの服を雑誌や本からセレクト。
生徒さんにあわせてパターンを起こしてます。
作りたい物を一つずつ作りながら、のんびり、リラックス。
ミシンとなかよくなりましょう。。

不定期のクラス
その他、様々なワークショップを開催します。

お問い合わせは、school☆hareru-jp.comまで。
(☆を@に直して送信してください)