2016年04月28日

「稲村800年の歴史」 「稲村800年の歴史」

オークションでアンティークの小さなソファを買った。
何と、半額♪久しぶりの買い物だ。ウキウキする。

ここで、一つ問題が、、。
2カ所の横断通路を強行閉鎖されてて、家具は家に入らない。
6年前に閉鎖された横断個所は
「大きな荷物の搬出入、増改築時には柵を開けます」
と言う約束で、あっという間に柵が巡らされて、閉鎖されている。
今までに3回閉鎖した柵を開けてもらったけど,
「約束は文書にします。」と言いつつ、6年経っている。

6月10日とりあえず、電話してみる。

「あっ。安全監視員をおくります」

担当が変わってもちゃんと継承されている。
やはり江ノ電さん。良かった。
S常務さん。キツいこと言っていたけど,ちゃんとしてる。

そして15分後には、自分の甘さを知ることになる。
期待に応じる悪役江ノ電さん。やってくれる。

来てくれた監視員の人が気の毒そうに言う。
「反対側は鎌倉市のものなので勝手に開けられない」
「エッ?」
「ああだこうだだから、、、」
「じゃあどうすれば、、、」

結局。200m先の踏切から線路上を、宅急便屋さんが二人。
神輿のようにソフェーを担いで運び、柵を超えて家に入れた。
「安全」とい主張する割になんだこれ?
横断個所の柵を開けて渡れば1分しか線路上にいないのに、
5〜6分線路上をウロウロすることになる。

いままではそれで何の問題もなかったのに!
「どこでもそうしてる」と江ノ電の社員は言ってたのに!

後日、内部告発者によると、
「稲村だけは何があっても柵を開けるな!」という
S常務の指令が出てたそうだ。
S常務は「閉鎖個所反対運動を起こした稲村住民」を
プライドをかけて痛めつけたいようだ。

「小田急サービスセンター」「噂の東京マガジン」
「週刊金曜日」「N市議のブログ」「鎌倉市議会」、、。

「住民無視の踏切横断個所、強行閉鎖」の内幕が
いろいろなところに知れ始めている。
どうやら江ノ電はS常務の天下状態のようだ。
N市議曰く「これは人災かも」


でも、これはまだまだジョブを喰らったぐらいのイジメ。
6月21日。江ノ電社長からの住民を恫喝する書簡が届くこととなる。

posted by フィールドノート at 13:37| 江ノ電10キロの真実

教室のご案内

P2050006.jpg
五感の教室「夢民舍」

2012年度は終了しました。次回は来年1月募集です。
        *
2012年の内容
        *

五感の訓練
4/14・15 オープニング。美学について
4/28・29 「聴覚」
5/12・20 「触覚」
5/26・27 「臭覚」
6/9・10 「味覚」
6/23・24 「五感と色彩」
7/14・15 「空気感と雰囲気」
イメージを形にする
8/11・12 「テキスタイル、抽象について」
8/25・26 「具象と抽象」
9/8・9 「縞模様」リズム感*印象
9/29・30 「繰り返し柄」展開*物語
10/13・14 「アーガイル柄」色の響き合い*記憶
10/27・28 「チェック柄」混色の美*風景

サムシングエルサ
11/10・11 「感覚をデッサンする」
11/24・25 「クロッキー」
12/8・9 「クロッキー」
12/23・24 「生活と美」アールヴィヴァン
コンセプトについて
1/12・13 「素材感の実験」
1/26・27 「コンセプトとテーマ」
2/9・10 「コンセプトワークの練習」
2/23・24 「企画の立て方」
3/9・10 「マップの作り方」
3/23・24 「オリジナル」


【 定期の教室 】

編み物クラス
(1)
日時:月2回/-第2・4土曜-13:00〜16:00
講師:細野雅子(トリコ・ダァール主宰)
会費:1回5,000円 ※3ヶ月分を前納
少人数、個人指導で初心者からプロの方まで、
自分の好きな素材、好きなデザインで自由に編んでいます。
「楽しみながらマイペースで、レベルアップ。」
カジュアルなクラスです。
(2)
日時:月2回/-第1木曜-10:00〜12:30
-第2木曜-13:00〜15:30
講師:関根博子(アトリエMINE主宰)
会費:1回4,000円 ※1ヶ月分を前納
「編みたい物を好きな素材で。」
残っている糸でも素敵な作品になります。
平日なので、主婦の方がおおいです。

ソーイングクラス
日時:月1回/-水曜-10:00〜15:00
講師:越水ゆきえ(アトリエ素粒子)
会費:1回(一日)10,000円
「素材もデザインも自由自在。」
着たいデザインの服を雑誌や本からセレクト。
生徒さんにあわせてパターンを起こしてます。
作りたい物を一つずつ作りながら、のんびり、リラックス。
ミシンとなかよくなりましょう。。

不定期のクラス
その他、様々なワークショップを開催します。

お問い合わせは、school☆hareru-jp.comまで。
(☆を@に直して送信してください)