2016年04月11日

「アリバイという不実」

「アリバイという不実」
紛糾の3回目の説明会という名の通達会。

2014年3月26日。閉鎖予定日まで後5日。

海が見え、ハマボウフウが咲く路地をぬけた、
極楽寺川のほとりに、小さな稲村ケ崎の自治会館がある。
穏やかな空気が流れる10畳ほどの和室に椅子がいっぱい並ぶ。
一人。一人と増えてゆく。
開始時間には廊下にも周辺住民が座る。
閉鎖に反対の住民20名。緊張の面持ちで座る反対側には、
江の電Y部長を始め5名。なぜか皆にお茶を配られる、、。

説明会が始まった。

が、、、「鉄道の安全」と、「工事の説明だけ」の繰り返しじゃない!
住民の要望や質問に、なんの考慮さえもしない!
ばかの一つ覚えのように同じことを繰り返す。
「(考慮は)考えていません」を繰り返すY部長に、
「上司を出せ」と憤る住民。
らちがあかない。説明会という名のアリバイ作りだよこれは。
あまりの一方的通達に、轟々たる住民の非難の中、
「3月31日には工事を始めます」と鉄槌を落とすY部長。

70年来、近在住民の生活通路であった4種踏切を、
どうして、わずか一ヶ月で強制的に閉められるのか?
生活が激変することに、こんな状況で強行できるものなのか?
どうして?なぜ??
調べるにも閉鎖まであと5日!
どうしたらいいのだろうか?
5日でなにができるのだろうか?

「生活を守ることは、鉄道の安全に比べれば単に住民エゴなのか?」
「安全のためなら、鉄道は住民の暮らしをを無視していいのか?」
今後2年、周辺の理解を得にくい大きな仮題が立ちふさがる。

この時点では、見えないことだらけだった。
打つ手は実はあったのだが、解るまでには2年かかってしまった。
そして、問題の原点が見つかるまでも、、、。

経緯
3、24(月)住民代表3名朝9;00江の電社長に面会を求めるがかなわず。
    −−総務に書簡質問状と署名を手渡す。        <資料4>
                        一週間で約250筆
3.26(水)3回目説明会 稲村ケ崎自治会にて
      (住民20人参加)(江ノ電5名)
                       (賛成派住民0)
     −−近隣ばかりでなく地域住民からも意見が出る
     −−海側住民からは「津波避難路」としての保全を望む意見も上がる
         江ノ電としては、これで説明会はすべて終了。
       「なにも検討はしない。3月31日から工事に入る」
        通達のみ繰りかえす。          <資料5>
3、28(金)社長へ内容証明を送る
     ーー3、26日に手渡した分を内容証明で送る。
       4月1日までの回答を求める。           
             * が、4月18日まで返信無し
                            <資料6>

3、28(金)3、24の住民書簡に対する社長書簡
      (3、24付けに対する返事)
       −−ゼロ回答の強行閉鎖工事の告知     <資料7>



posted by フィールドノート at 18:09| 江ノ電10キロの真実

2016年04月05日

「江ノ電10キロの真実」(仮)

        江ノ電10キロの真実(仮)
      (ノンフィクションドキュメント)下書き

『始まりはいつも突然』

「人生には、3つの坂がある」と坊さんの友人がつぶやく。
「上り坂。下り坂。そしてマサカ!」。

「まさか」の始まりは、どうして、前ぶれもなくはじまるのだろう。

塩の匂い。海の匂い、、。
駅をおりたとたん、海の鼓動に包まれる。
山がせまって、霧が山肌をのぼる。海の鼓動は空の色を染めてゆく。
大地の気配に満ち満ちて、いい気配がする。
駅の側に、線路を渡って入る家を見つけた。
ああ。ここに。稲村ケ崎に、越そうと思った。

日々の暮らしは忙しく。1日が飛ぶように経ってゆく。
娘はロカ幼稚園を卒業して、稲村ケ崎小学校に通った。
一学年一クラスしかない小学校だ。
極楽寺の駅員さんは一人。こどもたちと挨拶を交わす。
バレンタインともなると、チョコ制作に娘は余念がない。
クラスのみんなと、先生。江の電の駅員さん。
ホワイトデイーには、たくさんのお菓子の中に、江の電の駅員さんからの
江ノ電キャラクターの定規や下敷きが混ざる。

なんともノンビリした、友人曰く「ゆるい」日々。
こんな暮らしの中で10年経った。
こんな風に明日も暮らすのだなと、何の疑いも持たなかった、そんなある日。
2014年2月21日。夕方、買い物にでると、
その「まさか」が江の電の4種踏切の前に立っていた、、、。
“工事のお知らせ“ という張り紙で。


(地図添付)



地図がちがっているけど、これは、4種踏切の閉鎖告知なのだろう。
横断個所4カ所に貼られている。ご近所さんが集まってくる。
「こんな生活が変わることを張り紙1枚の告知でするなんて!」
「江ノ電との合意で作った70年来の4種踏切なのに!」
「住民に説明も、同意もしないで、閉鎖するとは!」
「あれ。閉鎖まで、一週間もない!」
突然のチラシの文言の告知に、住民は憤った。
次の日、朝一番で、お隣さんは江の電本社に駆けつけた。
土曜なので担当も、責任者もいないなか、人づてに、
「反対が多いだろうから強行工事しよう。と会議で決まった」
という情報をひろってきた。

江ノ電沿線の線路を渡れないと家に入れない住民は、大勢いる。
それは、江ノ電が軌道だったからだ。開設当初、江ノ電は藤沢から
住宅街を住宅の庭や道を提供してもらって線路を引いて行ったからだ。
昭和の初期のような軌道状態の家々。
その住宅の軒先を走る単線の風情が、現代の観光客を魅了している。
住民と江ノ電は共生して100年、
江ノ電が走る風景は鎌倉の貴重な文化遺産だ。

「それが強行閉鎖まで、後5日」

4日目。江の電の担当として「M課長」が住民の家に来るも、
「近所の事故を受けて閉鎖することになりました」
「自社の土地内ですので、なにをしても勝手です」と、らちがあかない中、
「ここは稲村の住民が大勢使っている踏切」なので、
自治会で説明会をするようにお願いをして、第一回目の説明会が
開催されることになった。

あり得ない展開!あの江ノ電さんが?
こんな非人道的なことをするはずはない!と、誰もが思った強行閉鎖。

とはいえ、、、思えば、予兆はあった。

6年前の6月。夕方。「フオン!!フオン!!」という電車の警笛。
「ギギー!!」という今まで聞いたことのない急ブレーキの音!
慌てて飛び出すと、お隣のおばあさんが駅近の横断個所で接触事故
を起こしたのだ。足を車輪に挟まれてしまった!
この線路横断個所は、今回問題になったスロープやミラーがある、
4種踏切とちがって、階段代わりのU字溝がおいてあるだけで
何の安全対策もなされていなかった。

そして、一週間も経たないうちに、江ノ電「G課長」から徴集がかかり、
教室がある我が家に、周辺住民4軒5名が集められた。
「事故を受けて、この横断個所は閉鎖したい」こと。
「ピアノの搬出時はどうするんだ?」等の質疑に
「大きな荷物の搬出入。増改築時には開ける」ことが話し合われた。
その後、「皆さんは了承しました」と、言われ、ベランダ増築を予定
していた私は「「大きな荷物の搬出入。増改築時には開ける」ことを
再度確認。古くからいるご近所さんが了承しているし、
まだ、20m先に「4種踏切があるから」と了承した。

これが、私の「第一の誤り」となった。

「条件を書面にする」と確約して書面を貰う前に、すぐに事故があった
横断個所が閉じられてしまったのだ。
電柱があって人が通り抜けるのにやっとの幅しかないのに、、。
でも、接触事故の驚きもあって、「安全対策」と自分を律した。
能天気な私は6年の間に4回。改装や植木。
ソファーの線路横断した搬入をノーストレスで江ノ電担当G氏と行っていた。
「条件を書面にしてくれ」と言い続けながら、、。

父の突然死。義母の認知症発覚。施設へ入居。引っ越し。
45年ぶりにあう義母の姉94歳の介護、、。
子供は、小学生から中学生へ、、。
日々をやり過ごして、暮らして行くことに埋没していた。

 しかしながら、この6年の間に、江ノ電は水面下で角の借家の
土地を地主から購入。入居していた鎌倉で一番古いサーフショップの人を
3年裁判で、事実上追い出した。周辺住民が知らないうちにだ。
この20m先の4種踏切にまで「閉鎖の計画」の手を伸ばしていたのだ。

ある日の夕方。
サーフショップの人が家にきて、ベルを鳴らした。
「コチラの住民の皆さんが道が欲しいと江ノ電に言ったのですか?」
と聞かれて驚いた。
「いいえ。そんなこと誰も言っていませんよ」と言うと、
「やはり、そうですか、、」と、ため息をついた。
その時は、なにも解らず、かける言葉も見つからなかった。
どんなことが江ノ電とやり取りされたのか、、
今になって、伊豆に行った彼に聞いてみたいと思う。
そして、協力できなくてごめんなさいと。
一人で企業と戦うのは本当に大変だったと思う。
何も知らなかった。

そして、6年経って、突然の張り紙に至ったのだ。

経緯
2、21(金)突然、事前の説明もなく27日からの
      「工事のお知らせ」が4種踏切に掲示される
       −−「線路横断箇所に地図の間違った張り紙が掲示」
                         <資料1>
      ・・・市には1月19日、工事の申請を出して、
         市から「住民とキチンと話をするように」と、
         江ノ電は言われていたが無視をする。
         市は住民と江ノ電が話し合いをしたと思っていた。

2、22(土)土曜のため江ノ電と連絡が取れない状況
       −−住民江ノ電本社を訪れる
         も休日の為面会できず、工事施工会社へ
         連絡を取り、担当者に説明に来てもらうよう頼む。
       −−鎌倉市長にメール
         市の江ノ電の担当者に住民との話し合いを
         きちんとするように伝えたと、返信メール。
         今後の報告もしてくださいとのこと。
       −−江ノ電社長宛にメール
         回答無し。
       −−鎌倉市議にメール
         市の江ノ電担当者に住民と対話を持つように伝えた
         と返信メール。
                                 
2、24(月)住民宅で江ノ電担当者(M氏)による工事内容の説明
               近隣住民(6人参加)江ノ電(M氏)
       −−住民が60年使っていた線路横断箇所を閉鎖して
         フェンスを設置。細い側道を、 
         200メートルの迂回を強いる工事の工事内容の
         一方的な説明
         地域の特殊性、生活事情などを話し、
         検討してもらうように頼む。
         60年来、地域の人達が使っているため、自治会としても
         地域の住民に対して説明会を開くよう申し入れる。


『2章/一方的に工事の説明しかしない説明会』

2月27日(木)第一回説明会が稲村ケ崎自治会館で開催された。
               出席/住民15名。江ノ電5名。
鉄道の安全のためというただ一点の主張と「工事の説明しかしない説明会」
に紛糾。住民側からは歴史的経緯への配慮を求めて、
全員閉鎖に反対意見。再考して、再度の開催を求める。
次回の開催日の連絡をM氏と私でとりあうことになる。

まだこの時点でも、江の電とは話し合えば、
なにがしかの変化があると、能天気に思っていた。
これをチャンスに、G氏から念願の文書をキチンと貰わなくてはと。

周辺の住民の閉鎖に反対する署名運動が、手回しではじまった。
世帯数700しかない稲村で、3週間で250筆集まった。

この時点では、まだ、住民は「何故こんなことになったのか」
なにもわからないまま状況に右往左往して、
江ノ電の「アリバイ作り」という土俵に
のせられていたのに気がつかなかった。

友人が2名きていて、春の日の温かい午後。
突然の電話によって、天と地がひっくり返ることになる。
経験したこともない「姑息」という手段と、
暴力を伴った「恫喝」を知ることになるとは、、、。

「○さん。2回目の説明会が始まってるのに何故来ないの?」という
M氏からの電話。「えっ?開催時は連絡くれる話しでしょう?」
「○さんに言うと反対の人しか来ないから、広くきてもらうために
駅の自治会のお知らせに貼った」という!
「それでも、変更があるむね連絡すべきでしょう!」
「そこを動くなM!」
怒る心を抱えて自治会館に飛んで行くと、
玄関に着くなり、大柄な年配の男性が飛んできて、
「グワシ」と両肩を掴み、
「おまえなあ。昨日今日越してきて、なんで反対するのか!」
と、上段から怒鳴りつけ肩を揺さぶった!
「ああ?月の晩ばかりじゃない」とか「わあわあ」と意味不明なこと
を大声で叫ぶ。叫ぶ。

生まれて初めて、背骨が上から順にカクカクと腰までくるのが解った。

腰で止まったから良かったものの
これが腰が抜けるということなのだろうか、、。

来ている住民は彼と自治会の役員3名。
誰も、暴走する彼を止めようとしない不思議。
これは説明会じゃないよ。
恫喝そのものじゃない!なんてこと!

その後もお隣さんの悪口を叫ぶ彼を横目に、
「賛成一名出席。これで説明会を終わらせる」という江ノ電の
Y部長に食い下がる。これじゃあ、住民は納得しませんよ。
自治会の張り紙に気がつかなかった住民が悪いと謝って、謝って、、
どうにか説明会の開催を了承してもらう。
「紙に書いて約束してもらいなさい」という副会長の
アドヴァイスで、再度の開催がやっと決まる。



経緯江ノ電説明会  2回目  
3、19(水)1時〜

1、 午後1時30分頃、江ノ電Mさんより電話
「地自治会館で説明会をしているのに、なぜこないのですか?」
(江ノ電M氏)
「えっ?今日ですか?」(住民)
「日程は、自治会長さんに掲示板に張り出してもらった」(M)
「えっ?連絡係は私で、Mさんが日程の調整などは、
私にする事に決めてあったでしょう?」(住)
「それは内輪の話だったので、より公式にした」(M)
「それはない!みなさん、私が連絡係と認識しているので、
今日の事は知らない!それはない!」(住)
「なぜ、前回決めた約束を破って連絡をしなかったのか!」(住)

接客中だったけど、慌てて自治会館に駆けつけた。

2、 自治会館にて

自治会館に着くと、K林○夫氏が玄関に飛び出してきて、
大声を上げて「何で反対するんだ!」
「昨日今日来たばかりで、なにを言っているんだ!」と、私の肩を掴みました。
「貴方にここでその事を話す必要はありません」(住)
「古い住民も新参者も、意見をいう権利はあります。」(住)と、
手を払ったら、ドンと押してきて、手首を強く掴まれ捻られた。
「賛成派の方は暴力を振るうのですか?」(住)
「これは話し合いでなくて暴力だ!」と叫んだところ、
江ノ電の方が2人の間にわって入りました。
大声と暴力を振るわれてこわかったけど、この場をなんとかしなくては。
と、思い、会場に入りました。

3、 会場には江ノ電側4人(M氏、Y氏他4名)
住民側は4人(自治会長、副自治会長、自治会役員,K林○氏)
4名の参加でした。

Mさんに連絡がなかった事を正すと、
「○さんに連絡すると反対派の人しかこないので、
公平にするため、自治会の掲示板に告知した」(江ノ電Y氏)

「掲示板に掲載した件はいい事だと思うけど、
住民と約束した私にも、約束通り、
同時に連絡するべきだと思う。この集まりをみても、
誰も来ていないのは、掲示板をみていなかったことで、
これはほんとうの意味での話し合い、説明会ではない」(○)
「いや、自治会の掲示板という公の場に告知したので、
説明会は開いたという事で工事に入ります」(Y氏)

4、 3回目の説明会を開催確約

「今回はだれも当事者が出ていないので、
連絡方法のやり方のボタンのかけ違いという事で、
再度説明会をお願いします。
将来の江ノ電と住民の間に禍根をのこしたくないので」(○)
「では、一回だけ開きましょう。こんどは、
告知は自治会掲示板のみにします」(Y氏)

「言った、言わないになるから、文書にしてもらいなさい(副会長)
文書で次回の開催を確約してもらった。
          

5、 次回を確約しましたが、フェンス閉鎖賛成派のK林○氏は、
大声で、いない住民の個人名を出して,
江ノ電の問題と別件の事で中傷しつづけた。
暴力を振るわれたうえ、
たった一人で話さなければなく辛かった。

江ノ電さんもその異様さを指摘しない。

これは話し合いでなく恫喝だ。

稲村ケ崎駐在所に連絡。
後日K氏に、おまわりさんが
「そのようなことをすると犯罪になる」と注意してくれた。
「もう呼ばれても行かない」と、言ったそうだ。
江ノ電が呼んだのだろうね。
そんなことをするんだ、、今の江ノ電は、、、。
(続く)
posted by フィールドノート at 14:10| 江ノ電10キロの真実

教室のご案内

P2050006.jpg
五感の教室「夢民舍」

2012年度は終了しました。次回は来年1月募集です。
        *
2012年の内容
        *

五感の訓練
4/14・15 オープニング。美学について
4/28・29 「聴覚」
5/12・20 「触覚」
5/26・27 「臭覚」
6/9・10 「味覚」
6/23・24 「五感と色彩」
7/14・15 「空気感と雰囲気」
イメージを形にする
8/11・12 「テキスタイル、抽象について」
8/25・26 「具象と抽象」
9/8・9 「縞模様」リズム感*印象
9/29・30 「繰り返し柄」展開*物語
10/13・14 「アーガイル柄」色の響き合い*記憶
10/27・28 「チェック柄」混色の美*風景

サムシングエルサ
11/10・11 「感覚をデッサンする」
11/24・25 「クロッキー」
12/8・9 「クロッキー」
12/23・24 「生活と美」アールヴィヴァン
コンセプトについて
1/12・13 「素材感の実験」
1/26・27 「コンセプトとテーマ」
2/9・10 「コンセプトワークの練習」
2/23・24 「企画の立て方」
3/9・10 「マップの作り方」
3/23・24 「オリジナル」


【 定期の教室 】

編み物クラス
(1)
日時:月2回/-第2・4土曜-13:00〜16:00
講師:細野雅子(トリコ・ダァール主宰)
会費:1回5,000円 ※3ヶ月分を前納
少人数、個人指導で初心者からプロの方まで、
自分の好きな素材、好きなデザインで自由に編んでいます。
「楽しみながらマイペースで、レベルアップ。」
カジュアルなクラスです。
(2)
日時:月2回/-第1木曜-10:00〜12:30
-第2木曜-13:00〜15:30
講師:関根博子(アトリエMINE主宰)
会費:1回4,000円 ※1ヶ月分を前納
「編みたい物を好きな素材で。」
残っている糸でも素敵な作品になります。
平日なので、主婦の方がおおいです。

ソーイングクラス
日時:月1回/-水曜-10:00〜15:00
講師:越水ゆきえ(アトリエ素粒子)
会費:1回(一日)10,000円
「素材もデザインも自由自在。」
着たいデザインの服を雑誌や本からセレクト。
生徒さんにあわせてパターンを起こしてます。
作りたい物を一つずつ作りながら、のんびり、リラックス。
ミシンとなかよくなりましょう。。

不定期のクラス
その他、様々なワークショップを開催します。

お問い合わせは、school☆hareru-jp.comまで。
(☆を@に直して送信してください)