2013年12月09日

重い靴と軽い靴

PC040062.JPG

朝5時30分。まだ薄暗い
ゴミ出しに外に出ると、キュンとする冷たい空気。
秋を堪能しないうちに、すっかり初冬の気配になっている。

冷えてきたわりには、ここ3〜4週間続いてた膝の痛みが,消えてきた、、。
軽い靴に変えたからかなぁ、、。

ず〜と冬の間愛用していた、レッドウイングのワークブーツ。
学生時代から、何代目かの重い緑のワークブーツ。
大地をガツンと感じる重さが好きだった。
冬を楽しむ靴だった、、。

夏は、軽い一枚皮のオーロラシューズ。
素足に軽い羽のよう、、。

この2足だけで一年オールマイティーに使えていたのに、、。

この秋、オーロラシューズをしまって、
レッドウイングをひっぱりだして2週間目。
あれぇ?なんだか両足の膝が、、変!
ちょっと痛くてビッコをひきだした、、。
もしかして、、軽い靴から、急に重い靴にかえたせい?

重い鍋と、、重い靴、、。いたみだした腕や膝、、。
これって、、もしかするとのせい??
鏡を見るとき以外、感じていなかった現実に急に気がついた、、。

「年を重ねていくと、いままでできたことが急にできなくなる」そうだ、、。


「年をとると、あたりまえの解りきった暮らしだと思うでしょう。
でもこれが違って、今までと違う未知の自分を発見して、
新しいやり方を見つけていくチャレンジが始まって、ワクワクするよ」
と、整体の先生。

そうか、、未知の自分と巡り会う、、ワクワクが待ってるんだ,,.。


「明日はどんな愉しいことがあるのか、ワクワクして寝る」
夜寝る時に、そんなふうに思う整体の先生ならではの素敵な見解だ。

さあて、、私は、、、。
これからの「未知の自分」にワクワク対処できるだろうか、、。
少なくとも、目覚めた時はワクワクと日々のことをやりはじめたいと思う。






posted by フィールドノート at 14:31| 日々の話し

教室のご案内

P2050006.jpg
五感の教室「夢民舍」

2012年度は終了しました。次回は来年1月募集です。
        *
2012年の内容
        *

五感の訓練
4/14・15 オープニング。美学について
4/28・29 「聴覚」
5/12・20 「触覚」
5/26・27 「臭覚」
6/9・10 「味覚」
6/23・24 「五感と色彩」
7/14・15 「空気感と雰囲気」
イメージを形にする
8/11・12 「テキスタイル、抽象について」
8/25・26 「具象と抽象」
9/8・9 「縞模様」リズム感*印象
9/29・30 「繰り返し柄」展開*物語
10/13・14 「アーガイル柄」色の響き合い*記憶
10/27・28 「チェック柄」混色の美*風景

サムシングエルサ
11/10・11 「感覚をデッサンする」
11/24・25 「クロッキー」
12/8・9 「クロッキー」
12/23・24 「生活と美」アールヴィヴァン
コンセプトについて
1/12・13 「素材感の実験」
1/26・27 「コンセプトとテーマ」
2/9・10 「コンセプトワークの練習」
2/23・24 「企画の立て方」
3/9・10 「マップの作り方」
3/23・24 「オリジナル」


【 定期の教室 】

編み物クラス
(1)
日時:月2回/-第2・4土曜-13:00〜16:00
講師:細野雅子(トリコ・ダァール主宰)
会費:1回5,000円 ※3ヶ月分を前納
少人数、個人指導で初心者からプロの方まで、
自分の好きな素材、好きなデザインで自由に編んでいます。
「楽しみながらマイペースで、レベルアップ。」
カジュアルなクラスです。
(2)
日時:月2回/-第1木曜-10:00〜12:30
-第2木曜-13:00〜15:30
講師:関根博子(アトリエMINE主宰)
会費:1回4,000円 ※1ヶ月分を前納
「編みたい物を好きな素材で。」
残っている糸でも素敵な作品になります。
平日なので、主婦の方がおおいです。

ソーイングクラス
日時:月1回/-水曜-10:00〜15:00
講師:越水ゆきえ(アトリエ素粒子)
会費:1回(一日)10,000円
「素材もデザインも自由自在。」
着たいデザインの服を雑誌や本からセレクト。
生徒さんにあわせてパターンを起こしてます。
作りたい物を一つずつ作りながら、のんびり、リラックス。
ミシンとなかよくなりましょう。。

不定期のクラス
その他、様々なワークショップを開催します。

お問い合わせは、school☆hareru-jp.comまで。
(☆を@に直して送信してください)