2013年06月29日

夢民舍セミナー21

P5040064.JPG


セミナーのアップ、、もう3回分していません!
あせって、、21回目の「企画の立て方」をアップします。

20回目「コンセプト」は樹の幹
「企画」は枝の葉や花のようなものでしょうか、、。
ちょっと、、イメージしてみて下さいね。

「企画」は「企てる計画」。
「なにかを作り出す時」の「指針」になります。
計画は、どうしたらいいか、いろいろ迷ってしまうものです。
キチンと計画を立てないと堂々巡りしちゃいます。
失敗も成功も、どこが問題だったかも、「企画」をキチンと立てれば、
気分に左右されないで、冷静に判断できます。

そこで、聞いた事があると思いますが、
「5W1H」などと云われる公式を使って計画を立てます。
とはいっても、難しい事ではありません。


*なんのために。
*いつ
*だれが
*どこで
*何を
*誰に
*どうする

「企画」はこれをリストにしてキチンと考える事なんです。
それをキチンと文章にしたものが「企画書」です。

なんのために(コンセプト)、、「日々の糧」「ライフワーク」「ビジネス」「趣味」?
何を、、、、、、「○○を」
誰が、、、、、、「私が」「誰かと」(どんな人と)?
どうする、、、、「売る」「教える」「デザインする」「ボランティアする」?
いつ、、、、、、「いますぐ」「一年後」「3年後」「季節」?
だれに、、、、、「女性」「若い人」「年配の人」「ユニセックス」(どんな人)?
どこで、、、、、「自宅」「仮店舗」「ネット」「ギャラリー」「本」?

そうですね、、、例えれば、、。
今回のNHK「すてきにハンドメイド」の8月号の依頼だと、、。

 なんのために「ライフワーク」(すてきな編物のあるくらしの提案のために)

 誰が、、、、「きゆなが」デザイン。制作協力「Sさんと」。
      (なぜ、きゆななのか?なぜ、Sさんなのか?が大事。)
       *きゆなではないと出来ないデザインとは?
        シンプルだけど,,お洒落。
       *Sさんの同じものをたくさん作るのが好きという特性。
        めげずに、チャレンジしてくれるワクワク心。
 
 なにを、、、「フットカバーを」
      (すてきなフットカバーがないから)
       *編集部の依頼で。しかも、ぬげないのが条件。
      
 いつ、、、、「7月21日発売の8月号」(夏)
       *締め切りは?1ヶ月。

 だれに、、、「20代〜50代ぐらいの女性に」
       (初級の人でも作れるように)

 どこで、、、「すてきにハンドメイドで」(雑誌で)

と、考えて、思考を定めていきます。
そうして、デザインを起こして,,Sさんと、試作を繰り返して、、
1ヶ月以上かかって完成させます。

(是非、命を削って(オーバーですが)作った作品を見て下さいね!!)

では、セミナーの実験。
夢の(妄想の)ショップを考えてみましょう。
どんなお店がシュミレーションできましたか?
妄想なので、ワクワク考えて下さいね。
posted by フィールドノート at 15:36| 夢民舎

感じ方いろいろ

P6230072.JPG


さらさらと、風がきもちよく部屋をぬけてゆく。
梅雨のあいまの晴天の日。
振り向くと、夏の雲。昨日は秋の雲だったっけ、、。
日々、大気が入れ替わって、せめぎあう。
夏の前。毎年こんなだっかなぁ。

バタバタと、締め切りや、日常や、不条理に、、、
日々追われているうちに、もう6月も明日で終わり。

ブログも、なんと、4月14日以来更新していませんでした。

江の電は毎年6月、土日は乗車規制、一時間待ちになる紫陽花の季節。
紫陽花の名所は、行列の人々でいっぱいに。
紫陽花の青や紫やピンクの花の艶やかさは、
春の桜、秋の紅葉とおなじように、人を惑わせるものらしい。

花といえば、美しい、さかりの状態が好きな人がおおいようだ。

「枯れていく姿を見たくないから,,切り花は苦手、、」と、Sさん。
「やはり美しい状態を眺めていたい」と、Hさん。
なるほど!いろんな感じ方があるんだね。

単純な私は、感性全開で、
「咲いて、枯れていく」状態が「まるごと美しい」と思っちゃう。

紫陽花もそうだ。
去年の花が落ちて、ダンゴムシに食べられて一年経った、
まるで天使の羽のような葉脈だけになった形の美しさは、
咲き誇るさかりの時期より、、かえって透明感のある美しさがある。

薔薇の花も、ふちが茶色に変わって,,ドライに変化してゆく色香にため息。

チョコレートコスモスの、枯れる前のつぼんでゆく形の美しさ、、。
アート的とでもいえる造形の美の出現、、。
美術館のアートより心を揺さぶられる。

P6230081.JPG



人も、、生きて生けるものすべて、
その時期それぞれの美しさがあると思う。

幼さ。若さ。成熟。枯れゆく色香。
それぞれを愉しめる幸せ。


そうして、家のなかには、、ありとあらゆる美が捨てずにあって、、。
日々、、、混沌としてしまうのです、、、。

さあ。今日はきもちよさに浮かれて、模様替えをしようっと!




posted by フィールドノート at 13:52| 日々の話し

教室のご案内

P2050006.jpg
五感の教室「夢民舍」

2012年度は終了しました。次回は来年1月募集です。
        *
2012年の内容
        *

五感の訓練
4/14・15 オープニング。美学について
4/28・29 「聴覚」
5/12・20 「触覚」
5/26・27 「臭覚」
6/9・10 「味覚」
6/23・24 「五感と色彩」
7/14・15 「空気感と雰囲気」
イメージを形にする
8/11・12 「テキスタイル、抽象について」
8/25・26 「具象と抽象」
9/8・9 「縞模様」リズム感*印象
9/29・30 「繰り返し柄」展開*物語
10/13・14 「アーガイル柄」色の響き合い*記憶
10/27・28 「チェック柄」混色の美*風景

サムシングエルサ
11/10・11 「感覚をデッサンする」
11/24・25 「クロッキー」
12/8・9 「クロッキー」
12/23・24 「生活と美」アールヴィヴァン
コンセプトについて
1/12・13 「素材感の実験」
1/26・27 「コンセプトとテーマ」
2/9・10 「コンセプトワークの練習」
2/23・24 「企画の立て方」
3/9・10 「マップの作り方」
3/23・24 「オリジナル」


【 定期の教室 】

編み物クラス
(1)
日時:月2回/-第2・4土曜-13:00〜16:00
講師:細野雅子(トリコ・ダァール主宰)
会費:1回5,000円 ※3ヶ月分を前納
少人数、個人指導で初心者からプロの方まで、
自分の好きな素材、好きなデザインで自由に編んでいます。
「楽しみながらマイペースで、レベルアップ。」
カジュアルなクラスです。
(2)
日時:月2回/-第1木曜-10:00〜12:30
-第2木曜-13:00〜15:30
講師:関根博子(アトリエMINE主宰)
会費:1回4,000円 ※1ヶ月分を前納
「編みたい物を好きな素材で。」
残っている糸でも素敵な作品になります。
平日なので、主婦の方がおおいです。

ソーイングクラス
日時:月1回/-水曜-10:00〜15:00
講師:越水ゆきえ(アトリエ素粒子)
会費:1回(一日)10,000円
「素材もデザインも自由自在。」
着たいデザインの服を雑誌や本からセレクト。
生徒さんにあわせてパターンを起こしてます。
作りたい物を一つずつ作りながら、のんびり、リラックス。
ミシンとなかよくなりましょう。。

不定期のクラス
その他、様々なワークショップを開催します。

お問い合わせは、school☆hareru-jp.comまで。
(☆を@に直して送信してください)